アーカイブ | 6月 2016

  • 医療と標準とキュウイについて

    キュウイは、標準的に食べられている食べ物であり、とてもおいしく、また美肌などの効果もある、とされており、若い女性にも人気の高い食べ物です。 また、お子さんでも、あのキュウイの独特の酸っぱさや、大人でも、あの独特のおいしさが好きで、キュウイが大好きで、好物にあげている人もおられるくらい、昔から、日本人の食卓にも、標準的になじみの深い食べ物です。 また、朝などに、胃などの調子をさっぱりとさせるために、または風邪などをひいた時に、酸っぱいものが食べたいときなどにも、キュウイは好まれることがありますが、実は、医療的には、食べてはならない人もいる食べ物であり、果物であるのです。 これはなぜか?というと、キュウイは花粉と関連する食物として、医療的に認知されており、よく、ピーナッツやアーモンド、クルミ、このような食べ物で、アレルギーなどを起こしてしまい、体がかゆくなってしまう…このような人がおられますが、同時にキュウイもその食べ物と同じであるとされています。 そのため、かゆみなどが出る食べ物として、医療的には認められており、また、上記のように花粉などとも関係する食べ物でもあるため、拒否反応が、体に出てしまう、このような人もおられます。 また、上記のように医師から、キュウイは体に入ると、口に入れるとかゆみなどが出ることがあるから、食べないように指導される場合もあり、やはり症状としては、口の周りがかゆくなってしまったり、場合によっては、顔がぱんぱんに腫れてしまう、腫れぼったくなってしまう、顔が赤くなってしまう…などのアレルギーの症状が出てしまうことがあります。 そのため、おいしいですが、食べる際には注意が必要です。